ポケットWiFi関連

WiMAXと他のポケットWiFiの違い

ポケットWiFiを契約しようと考えると、WiMAX以外にも当然選択肢が出てきます。例えば、ドコモやソフトバンクが提供するモバイルWiFiルーターを利用する方法や、Y!mobileやYahoo! Wi-Fi、ネクストモバイルなどのポケットWiFiルーター提供会社のサービスを契約する方法、また短期で良ければ有料のレンタルサービスを利用する方法もあるかも知れません。

それにしても、私の周囲でもWiMAXのルーターを利用する人が増えており、実際にWiMAXの契約件数を確認すると2018年になんと3,000万件を突破しているそうです。会社などでまとめて契約している場合もあると思うので、単純に3,000万人が利用しているとは言えませんが、それでも他のポケットWiFiと比較すると圧倒的に契約件数が多そうです。

ここまでWiMAXと他のポケットWiFiで人気に差が出る違いとは何なのでしょうか?私なりの視点で考察してみました。

WiMAX以外のポケットWiFiにはどんなものがあるか?

WiMAXは1つのポケットWiFiサービスで、契約できるプロバイダが20社以上ある点が特徴であることはすでに説明しましたが、WiMAX以外のポケットWiFiにはどんなサービスがあるでしょうか?比較的、よく知られているサービスから順に紹介したいと思います。

Y!mobile(ワイモバイル)

ソフトバンクが運営する、ソフトバンクの4G・LTE回線を利用するポケットWiFiサービスです。携帯やスマホで契約している方もいるかもしれませんが、全国に店舗展開しているのが特徴で、格安スマホ以外にポケットWiFiルーターも提供しています。WiMAXとの違いで言うと、Y!mobileを契約できるのはY!mobileだけで(当たり前か?!)、WiMAXのようにたくさんのサービスプロバイダがある訳ではありません。逆に言うと、BIGLOBEやnifty、So-netなどのプロバイダでも契約できるWiMAXと比較して、契約できる場所が少ないという点が違いとも言えます。

筆者も以前にY!mobile(旧イーモバイル)のポケットWiFiを利用していましたが、WiMAXと比較すると接続可能エリアが広いという印象です。ソフトバンクの回線を使っているとのことですから、日本全国、比較的どこでも利用可能なポケットWiFiと考えて良いと思います。それと比較するとWiMAXはUQコミュニケーションズという会社がポケットWiFi・WiMAX専用に運用している通信回線で、基地局の数などが大手のキャリア(ドコモやソフトバンク)と比較すると少ないという点も違いの1つになるでしょう。

ワイモバイルのデメリットで言うと、私のようなデータ通信量の多いユーザー(スカイプなどでの打ち合わせが多かったり、日中は仕事のためにほぼノートパソコンと常時接続していたり)にとって魅力的な料金プランが無いことでしょうか?筆者は現在WiMAXのギガ放題プラン(月間通信量無制限、ただし3日間10GBの制限はあり)を利用していますが、比較するとワイモバイルにはそれに当たるプランが無い点がデメリットのように思います。

※ワイモバイルにも「アドバンスオプション」という無制限プランがあるようなのですが、対応エリアが狭く、地方などでは月間7GB制限で利用しなければならないようです。

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)

Yahoo! JapanがポケットWiFiを提供しているということを知らなかったのですが、中身を確認するとほぼワイモバイルと同じサービスを提供しているようです。利用するルーター端末や接続可能エリア(ソフトバンク回線を利用)も同じで、料金的にも近いものがあります。一点、ワイモバイルと比較した時の違いがYahoo!プレミアム会員の場合は割引がある点です。

これはヤフーワイファイの月間5GB制限プラン(おてがるプラン)に限ったキャンペーンになりますが、Yahoo!プレミアム会員の場合は通常価格よりも安い金額でポケットWiFiを利用できる点がメリットです。ただし、筆者のようにYahoo!プレミアム会員では無かったり、そもそも月間通信量が多い場合はあまり魅力にはなりませんね。

ワイモバイルと同様にアドバンスオプションを利用して月間通信量の制限なしで利用することも可能ですが、無制限通信に対応したエリアが狭い上、料金を比較してもWiMAXよりも高くなるので、その点はWiMAXの方が確かにおすすめと言えそうです。

NEXT mobile(ネクストモバイル)

あまり聞きなれないサービスかも知れませんが、ネクストモバイル(NEXT mobile)というポケットWiFiは隠れたおすすめサービスのようです。Y!mobileやYahoo! Wi-Fiと同様にソフトバンクのLTE回線を利用するポケットWiFiでありながら(つまりインターネット接続可能エリアが広い)、Y!mobileやYahoo!Wi-Fiと違い、大容量の料金プランを提供している点が特徴です。

ネクストモバイルの料金プランは月間20GB・月間30GB・月間50GBの3タイプで、いずれも他のポケットWiFiサービスにはなかなかない独自の料金プラン。もちろんWiMAXのギガ放題プランと比較すると使い放題では無い点がデメリットですが、月間20GBを月額3,000円程度で利用できる点がメリットのサービスです。

ネット上の口コミを確認すると、WiMAXの契約を検討したものの自宅などの使用場所が圏外の場合、その次に候補となるのがこのネクストモバイルのポケットWiFiのようです。

C-mobile(シー・モバイル)

上記で紹介したポケットWiFiサービスとの大きな違いが通信回線で、ドコモのXi(クロッシィ)電波を利用を利用するポケットWiFiがこのC-mobile(シー・モバイル)。当然、ドコモのXi対応エリアで利用可能なことからさまざまなエリアで利用可能なポケットWiFiと考えられ、またWiMAXのような月間通信量の制限がない使い放題プランもある点が魅力のサービスです。

しかしながら通信速度が下り最大150Mbpsと、WiMAXの下り最大758Mbpsと比較するとかなり遅いため、通信速度にこだわる場合はこの点がデメリット。また使用するルーター端末が“実質無料”であるものの、実際には割賦契約となるため途中解約の場合の違約金などが高額になる点もデメリットです。

WiMAXと他のポケットWiFiの比較表

以上、いくつかWiMAX以外のポケットWiFiを紹介しました。上記の内容を比較表にまとめると以下のようになります。筆者の主観も入りますが、ポケットWiFiルーターの契約・比較において重要な観点は(1)無制限プランの有無、(2)通信速度、(3)月額料金(月額3,000円台で利用可能か?が目安)、の3つです。

サービス無制限プランの有無通信速度月額料金
WiMAX〇(ギガ放題プラン)〇(下り最大速度758Mbps)〇(実質月額料金が3,000円台)
Y!mobile(ワイモバイル)・Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)△(アドバンスオプション利用可能エリアが一部)△(下り最大速度612Mbps・エリアがごく一部)×(実質月額料金が4,000円以上)
ネクストモバイル△(月間20GB~50GB)×(下り最大速度150Mbps前後)△(月間30GBで月額3,000円台)
C-mobile〇(使い放題プラン有り)×(下り最大速度150Mbps前後)〇(月額3,000円台)

以上、WiMAXと他のポケットWiFiの違いを比較しました。やはり比較表を見るとWiMAXが人気の理由が分かります。WiMAXプロバイダの比較についてはこちらもご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ポケットWiFi関連

    WiMAXと他のポケットWiFiの違い
PAGE TOP